インフォメーション

感動分岐点を超えろ

2021年02月10日

「感動分岐点」塚本こなみ氏の言葉です。

心の中に「この程度では感動しない」という分岐点がある。

お客様の感動分岐点を超えるものをつくる。

 

塚本氏は「あしかがフラワーパーク」再生で著名な方です。

20万人の入場者数を、110万人に伸ばしました。

中でも「世界一美しい藤のガーデン」は、映画撮影も行われた程の絶景です。

困難な「藤の移植」を成功させて、世界一美しい藤のガーデンをつくり上げました。

 

(何でもある)は何もないのと同じ

     ↓

「(圧倒的)をひとつつくればよい」

塚本氏のドキュメンタリーを見て、覚悟と胆力に感動しました。

経営戦略・職員や職人の意識の変化など、大変勉強になりました。

塚本氏は現在「はままつフラワーパーク」の理事長をなさっています。

 

コロナ禍で、感動分岐点の話しを思い出しました。

お客様の「感動分岐点を超える」チャンスはある。

(まだ絞り出せる、まだできる事がある)と自問自答しながら、書き込みさせて頂きました。